第4回鹿児島ラーメン王決定戦の出場店舗とメニュー情報① の続きです。

【ブース 10】   ヌードルラボラトリー 金斗雲

4年連続4回目出場  県民大投票 2位、前回本選 5位

 卍雲!!(まんじぐも)

_20180215_193323
  画像はKTSのTwitterからお借りしています。


鹿児島ラーメン王の第1回県民大投票から常に上位に食い込み、毎回、優勝候補に挙げられながら苦杯を飲み続けている金斗雲

是非とも優勝トロフィーが欲しい岸良オーナーが放つ渾身の一杯は、卍雲

このラーメンのポイントは、「醤油ダレ」
ベースは桜島の火山灰を利用してつくる「桜島灰干し醤油」

ラーメン王では、毎回、全国各地の優れた食材から選び抜かれた品だけを使って提供してきた岸良オーナーが、その味にほれ込んだという醤油

スープはとんこつと鶏を1:1の割り合いでブレンドしたダブルスープ
あっさりながらも深みのある味わいに仕上げられています。

チャーシューには三元豚を使い、肉の旨みを最大限に引き出しています。
トッピングにベビーリーフがを加え、彩も鮮やか。

今年こそ優勝を狙うラーメンが、皆さんの「マジ!卍!」という評価を得らるか見ものです。


【ブース 11】   ラーメン暖暮

3年ぶり2回目出場  県民大投票 21位

  ちかっぱうまからぁめん HKT

_20180215_193351

「なぜ、鹿児島ラーメン王に博多ラーメンが出てくるのかわからない。」と、第1回大会でも言われたラーメン暖暮が、県民大投票21位の滑り込みで3年ぶりの出場を決めました。

近年、鹿児島にも博多ラーメンの専門店が増えてきましたので、鹿児島での支持も高くなっているのは確かでしょう。
その中で代表格なのが、このラーメン暖暮

名前に付いているH K Tは、博多の他にハード硬め(HardKaTame)の意味があるそうで、とにかく麺は硬め

これはラーメン王の会場が、各店舗のブースから飲食コーナーまでそこそこ距離があるため、のびにくい麺ということをコンセプトに特別に改良して作ったもの

スープは、豚の頭のみを使い十数時間強火で炊きあげ、濃厚クリーミーに仕上げられています。

また、香ばしく炙ったチャーシューは、超ロングサイズでしかも2枚

辛子高菜、紅ショウガ、明太子つきの海苔、辛味ダレで味の変化も楽しむことができる。

博多ラーメンの魅力満載のラーメン
博多ラーメンが「鹿児島ラーメン王」でどこまで善戦できるか楽しみです。


【ブース 12】   鹿児島らーめん たけ家

3年連続3回目出場  県民大投票 4位
 
 深味マイルドとんこつ ~九条ねぎと黒豚炙りチャーシュー赤ワインソースがけ~

_20180215_194024

武岡団地にある人気のラーメン店で、ラーメン王の本選でも毎回上位に入賞しています。

通常メニューでは豚と鶏のダブルスープを使用していますが、今回使用するのは、豚の頭だけを使ったスープ

チャーシューに使うのは贅沢にも「六白黒豚」
炙ることで香ばしくなる上に、溶け出した脂でスープが深みを増します。

フランス料理からヒントを得たという「赤ワインソース」が、どう六白黒豚チャーシューと調和するのか楽しみです。命名もフランス料理っぽいよねぇ !(^^)!

【ブース 13】 ざぼんラーメン 

4年連続4回目出場  県民大投票 1位

 高菜ラーメン

ざぼん高菜


県民大投票で1位に輝いたざぼんラーメンは、まさに鹿児島県民のソールフード

そのざぼんラーメンが今回、本選で提供するのは、シンプルに「高菜ラーメン」

白ごまやタカのツメと一緒にごま油で炒めた風味豊かな高菜がざぼんのスープと相性ピッタリなんだそうで、どんな味わいになるのか楽しみです。

食べる前には、お約束の「天地ガエシ」で、タレとスープをよく混ぜて召し上げれ!


【ブース 14】 薩摩本流ラーメン 仏跳麺

年連続3回目出場  県民大投票 19位

 濃厚クリーミー豚骨(一文字ver.)

_20180215_193500


仏跳麺が本選でぶつけてくるメニューは、復刻「文炎ラーメン」

2015年に惜しまれながら閉店した姉妹店「文炎ラーメン」の味を復活させました。

鹿児島でもっとも濃い豚骨ラーメンを目指して開発されたという味は、根強いファンが多く、今回もこの「文炎ラーメン」を久しぶりに食べてみたいという方は多いことと思います。

文炎ラーメンは、豚骨でこってりしていて臭みがなくて誰でも飲めるスープ

これに厚切りの角煮風チャーシューと豚しゃぶがトッピングされ、食べ応え十分
辛味噌で味の変化も楽しめます。



【ブース 15】 麺屋トラノ

年連2回目出場  県民大投票 16位

 煮干中華そば ~Special ver.~

_20180215_194818


霧島市のトラノコは鹿児島では珍しい煮干し中華そばを売りにしたラーメン店です。

昨年の初出場時に、煮干中華そばで挑戦しましたので、今回はとんこつラーメンかなぁという私の安易な予想をいい意味で見事に裏切り、今年も煮干し中華そばで再チャレンジ

ただし、今回は通常メニューを進化させたスペシャルバージョン

スープは昆布・さば節・かつお節のだしと煮干しの味をミックスしたスープと、豚骨、鶏ガラのスープのブレンド

肉厚な炙りチャーシューとプリプリのエビワンタン、そして鶏むね肉と豪華なトッピングがオーナーの本気度を表しています。

「昨年は、煮干し中華そばのお披露目、今年は勝負」というトラノコさんの検討を祈ります。


【ブース 16】   鹿児島らーめん 三男坊

 初出場  県民大投票 18位

 ニュースタンダードらーめん

_20180215_194752

鹿屋で美味しいと評判の三男坊が、初の本選出場を決めました。

まずは、お店で出しているメニューを基本に提供したいということで、お店の人気メニューをバーしょんアップさせて挑みます。

タレは甘みの強い鹿屋産の醤油。それに豚の背骨、ゲンコツ、鶏ガラからとったスープを合わせ風味豊かに仕上げられ、あっさりとしたて優しい味わい

そして店の自慢が甘辛いタレで三日間煮込んだ自家製チャーシュー

食べている途中にお好みで辛味噌を混ぜ合わせると味が劇的に変化して一杯で二度おいしいラーメンとります。

【ブース 17】   麺食堂 TaRa

2年連続2回目出場  県民大投票 11位

 ムカシナガラノチュウカソバ(改)~LOVEな煮玉子を添えて~

_20180215_193620

鹿児島市高麗町で営業する麺食堂 TaRaは、非常に根強いファンを多く抱える人気店

今年の一杯は『ムカシナガラノチュウカソバ(改)~LOVEな煮玉子を添えて~』

最近、鹿児島でブームと言ってもいい中華そばですが、ポイントはスープ
黒さつま鶏を使用したスープはあっさりとしながらもコクのあるスープ

トッピングには二種類のチャーシュー

まずは、表面は香ばしく中はしっとりの肩ロースのレアチャーシュー

そして、とろとろに煮込んだ豚の角煮

煮玉子にはオーナーがひとつひとつ焼印でLOVEの文字を入れてます。



【ブース 18】   TAKETORA

年連続3回目出場 レジェンド枠 前回優勝

 極開聞岳~贅沢黒豚トリプルスペシャル~

_20180215_194053

前回大会で過去最多の票数を獲得して三代目王者となった、指宿の人気店『TAKETORA』

連覇を狙うメニューは、前回大会優勝メニューの『開聞岳』をさらにグレードアップさせた『極開聞岳~贅沢黒豚トリプルスペシャル~』

開門岳に見立てたのは、鹿児島県産黒豚の生ハム
味噌で味付けをした黒豚ミンチ、黒豚しゃぶ肉と食感の異なる3種の豪華トッピング

スープは豚骨と鶏白湯のクリーミーなダブルなスープ

TAKETORAが大会史上初の連覇達成なるか楽しみですね。

以上、18店舗の本選出品メニュー紹介でしたが、あなたはどのラーメンを食べますか?。

面白いのは、玉子を割って黄身を見せる盛り付けにした店舗が多いことですね。
昨年、大崎さんが「卵を割って黄身を見せたのは麺屋 剛だけだった。」と絶賛していましたからね。

それにしても、昨年にも増して豪華トッピング争いの様相を呈しています。

これには、批判的なご意見が多いのも事実ですが、魅力あふれるイベントとして集客力を高めるにはしょうがないところかなと思います。

このラーメン王決定戦が鹿児島と鹿児島のラーメン業界をさらに盛り上げていってくれることを祈ります。
 
第4回鹿児島ラーメン王決定戦は2018年 2/16(金)・17(土)・18(日)
鹿児島市ウォーターフロントパークで開催です。


ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 

スポンサードリンク