ラーメンが大好きな鹿児島県民に昔から絶大なる支持を得ているラーメン店
それが、ざぼんラーメンです。

古くは鹿児島から集団就職で旅立つ若者たちの腹を満たし、今では里帰りした鹿児島出身者が故郷の味として、まず最初に食べたくなるラーメンと言っても過言ではないでしょう。

15177001680210
創業は昭和21年
国鉄西鹿児島駅の構内食堂として誕生しました。

その名残はざぼんラーメンを経営する法人名「株式会社 西鹿児島駅構内食堂」に、現在も残っています。

県内で7店舗を営業するざぼんラーメンですが、今回はその中から与次郎本店を紹介しましょう。

道路側から見るとさほど大きな店には見えませんが、横から見るとこのとおり、ラーメン店としては県内屈指の規模を誇ります。

15177001392730

こちら奥の入り口から入ると、すぐに食券売場があります。

ここで係の方から食券を購入し、席に着きます。
(席に着いて、メニューを見てから食券売場へ行っても大丈夫ですよ。)

店内はカウンターが中央にあって、それを取り巻く形でボックスシートがずらっと並びます。

15177002932370

メニューはこれだけ

15177002076131

ラーメンメニューは、ざぼんラーメン、半ラーメン、チャーシューメンの3種類のみです。

席に着いて、まずは鹿児島のラーメン店でお約束の大根の浅漬けを頂きます。
こちらの浅漬けは容器から好きなだけ取って食べることができます。

味付けは薄いので、私は醤油をかけて頂きました。

刻みニンニクも置いてあるので、お好みでどうぞ!

15177003132831

この日、私が注文したのは、定番のざぼんラーメン(税込み830円)

15177003197110

トッピングは、チャーシュー、キクラゲ、シナチク、もやし、万能ねぎ、焦がしネギ、キャベツの7品

これは昔から変わらず、でも、以前はキャベツやもやしがもっと山盛りだった気がする。
最近、野菜は高価だし、しょうがないところなんでしょうが、シャキシャキ食感のキャベツがもう少し欲しいなぁというのが実感です。

15177003260911

スープは高温で煮込み、白濁した豚骨スープ

15177003789052

濃厚そうに見えて、口に含むとあっさり

と言いたいけど、あれれ? 味うすすぎ!

そうだ、これを忘れていた。

丼ぶりの底に溜まったタレとスープを混ぜ合わせる、これぞ「天地返し」

15177003561700

鹿児島の老舗のラーメン店では、盛り付けの際、タレを入れ、麺を入れ、トッピングを載せた後にスープを注ぐというのがオーソドックスな順番

これだと、どうしても底のタレが全体に行き渡らないので、この「天地返し」をすることで味を均等にする訳ですが、

そう言えば、丼を持ってきた店員さん「よく混ぜてお召し上がりください。」の説明がなかったなぁと思いつつ、卓上を見回すと

ありました。小さな注意書きが・・・

15177003698051

初めての方は、ちょっと小さくて気が付かないかもしれませんね。

どうせなら、これくらい、ど~んと表示してくれた方がいいかもですね。

DSC_1302

(画像は、鹿児島中央駅のえきマチ1丁目店に掲示してあったポスター)

麺をすすると、ちょっと柔らかめの中太ストレート麺
まさに、これぞ鹿児島ラーメンといった感じの麺です。

15177003850643

久しぶりにざぼんラーメンを頂きましたが、やっぱり懐かしくて優しい味

鹿児島ラーメン王決定戦の人気ランキングで、初回に続き第4回でも第1位の座を獲得したことでも広く県民に愛されているということが分かります。

鹿児島県民なら誰でも、たまには食べたくなる、これぞ鹿児島県民のソールフードというべきラーメンです。

【サイト内関連記事】

「ざぼんラーメン」の名前の由来は?

鹿児島中央駅で食べるなら「ざぼんラーメンえきマチ1丁目店」

関連ランキング:ラーメン | 騎射場駅荒田八幡駅


ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 

スポンサードリンク