ネットサーフィンしていて、東国原元宮崎県知事が何ともシュールな体操をしている動画を発見

そおですね体操1
 ”そのまんま東”こと東国原英夫元知事が、曽於市のキャラクターである「そお星人」とレオタード姿の女性と共に体操をして、曽於市へのふるさと納税をお願いするという動画なんですが、これが何ともシュール

そおですね体操2

 ふるさと納税に関しては、曽於市に隣接する各市町村では、早くから力を注ぎ全国の市町村の中でも優秀な実績を上げてきました。

 総務省が公表している平成28年度の市町村別ふるさと納税受入額で見てみると、

 都城市が73億3300万、志布志市が22億5300万円、大崎町が16億7400万円
といった具合

 これに対し、曽於市は10億700万円ですから、もっと頑張りたいところです。

 その方策として打ち出したのが、500万円以上の寄付に対し250万円のキャンピングカーという破格の返礼品でしたが、これは総務省からの是正指導もあって、今後続けることは困難でしょう。

 そして、次の方策として打ち出されたのがこのPR動画



 それにしても、元宮崎県知事がなぜ曽於市のPR動画に?と不思議に思いましたが、体操の中でも
 東国原氏が高校時代、曽於市に住んでいたことが紹介されています。

 東国原氏へのインタビュー動画を見ると、青春時代に自転車をこいで曽於市から都城市の高校まで通った時のことが面白おかしく語られています。



 ふるさと納税のPR動画と言えば、志布志市の「うな子」動画が思い出されますが、今度の動画が世間の批判を浴びることなく、曽於市のふるさと納税受入額が増加することを祈ります。

【サイト内関連記事】
美少女うなぎ動画で注目を浴びた志布志市ふるさと納税の蒲焼




ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店   
スポンサードリンク