ローソンで販売中のカップ麺「鹿児島 五郎家 味噌豚骨味」を食べてみました。

image
 製造は北海道の(株)渡辺製麺

 渡辺製麺のカップ麺シリーズでは、全国の人気ラーメン店のラーメンを再現していますが、その中で五郎家は昨年の「しょうゆ豚骨」に続く第2弾ということになります。

 五郎家は、鹿児島市の郊外山田町にあるラーメン店で行列のできるラーメン店として知られています。
 
DSC_2691


 2003年創業と歴史は浅いものの、鹿児島ラーメン王決定戦の第2代王者に輝くなど今や名実ともに鹿児島を代表するラーメン店のひとつとなっています。

 「五郎家」の詳細について、こちらの記事をご覧ください。
  >>> 「五郎家」のまとめ記事

 普段、私は安いカップ麺しか食べません。
 許容範囲は、せいぜい税込み105円まで

 それが、今回は清水の舞台から飛び降りる覚悟で1個298円(税抜き)という人生で最高値のカップ麺を購入しました。

 まず、カップを開けると、麺にスープと具材の袋

image

 熱湯を注いで、4分間待つと出来上がり♪

image

 さて、本物の五郎家「旨みそラーメン」と比べてみてどうでしょう?

 こちらが、本家五郎家の旨みそラーメン

5686

 カップ麺を実際にお店で出されているラーメンと比べるのは可愛そうですが、ビジュアル的には、そこそこうまいこと再現していると言っていいんじゃないでしょうか?

image

 野菜などの具材は、本物に比べれば貧相ですが、定価298円の商品で、しかも乾燥具材を使ってここまで再現すれば立派なものだと思います。

 ビックリするのは、この麺

image

 まるで、生麺かと思う程の弾力、モチモチ感です。

 スープの味はというと、
 流石に五郎家の旨みその奥深い味まで再現するのは難しかったようですが、カップ麺としては本当に美味しいカップ麺でした。

 298円の価格にしても五郎家で使えるトッピングクーポンが付いていますから、それを考えると決して高くはないでしょう。

image

 五郎家のラーメンを食べたことのない人に「これが五郎家の味か」と思われても困っちゃいますが、全国的に五郎家の知名度を高めるという点では間違いなく貢献してくれるでしょう。

 五郎家ファンの皆様は、是非、ご自分の目で舌でその完成度をご確認ください。
 少なくとも、話のネタ作りにはなると思いますよ。

 何しろ鹿児島のローソンには、どこでもこのカップ麺が山積みされていますからね。
 五郎家を応援している私としても、ヒット商品になって欲しいところです。

ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 


スポンサードリンク