今日、鹿児島県立鴨池球場で開催されたヤクルトスワローズ対ソフトバンクホークスのオープン戦を見てきました。

image
 私が鴨池球場でプロ野球のオープン戦を観戦するのは、本当に久し振りです。

 今年のスワローズは、新人や外国人投手の補強もうまくいって、ちょっと期待しているんですがどうでしょう?
 まぁ、昨年のようなことはないだろうと思っているんですが・・・

 今日は、その新入団選手のうちドラフト2位の星投手が当番する予定と聞いていました。
 それに、ホークスの先発は松坂大輔投手と報じられて、ワクワク期待して球場の観客席に入りました。

image


 WBCに参加する山田、バレンティン、松田、内川、デスパイネらは見ることができませんが、それでも快晴で汗がにじむ程の陽気の中、熱戦が繰り広げられました。

image


 松坂投手は、3回を投げて2安打2失点にまとめましたが、全体的に玉が上ずり、ストレートも最速で140km
 本人も納得いかない素振りが度々見られ、本調子にはまだ程遠い印象でした。

 ファンとしては、どうしても全盛期のような投球を期待してしまうんですが、これからは投球術で勝星を重ねられるような投手としてチームに貢献できるよう調整していくことになるのでしょう。

 ゲームは、大引選手の2打席連続ホームランが飛び出したほか、山田2世の呼び声が高い期待の2年目廣岡選手も2安打と気を吐き、星投手は2イニングで3三振を奪うなどヤクルトの選手の活躍が目立ちました。

 結果、9対4のスワローズ完勝
東京音頭でビニール傘が揺れるシーンが多かったですね。
 つばくろーとハリーホークのマスコットキャラクター対決もつばくろーの圧勝で楽しませてくれました。

 
image


 チケットは、内野S指定席を購入して見ていたんですが、結構、狭くて窮屈だったので、後からは内野自由席に移ってゆっくり観戦できました。

 今では鹿児島でキャンプを張るNPBのチームがないため鹿児島でのオープン戦は開催数が少なくなっていますが、たまには気軽にプロのプレーを楽しむのもいいですよ。

ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 

スポンサードリンク