指宿市のTAKETORAが第3代ラーメン王に輝いた鹿児島ラーメン王決定戦
 熱戦が幕を下ろし、通常営業に戻った出場店舗では、大会の限定メニューを期間限定で提供している店舗がいくつかあるようです。

 TAKETORAでは優勝メニューの「開聞岳」を通常価格950円のところ800円で提供 
 麺食堂TaRaも通常メニューにない「ガーリックパンチ」を提供  等々

 私は、大会でアイアイラーメンの「3種の焼豚醤油そば トリュフ添え」を頂きましたが、これと同じ味わいのラーメンが期間限定で提供されると聞いて、早速、行ってきました。

image
 こちらが、その「醤油そば トリュフ添え」税込み800円

image

 大会限定メニューにあったトリュフのスライスや燻製の鴨肉、肩ロース肉の焼豚はないもののトリュフのペーストが添えられて800円はお得です。

 なにしろ、大会限定メニューをそのままお店で出すとすれば、1,300円~1,400円程度の価格設定になるということでしたから、大会限定メニューの味わいを楽しめるラーメンがこの価格でいただけるのは嬉しい限りです。
 
image

 しかも、この日は決定戦感謝祭として煮卵を1個プレゼントとのことでお願いしましたが、出てきた丼ぶりを見ると煮卵が2個
 「醤油そば」には元々1個ついているので、1個追加サービスで2個

 「あぁ、そういうことね。」と納得しながら、コレステロール値を気にする身としては、1個は「うま潮ラーメン」を注文した長男にお裾分け

 麺は、大会では弾力のある限定麺でしたが、ここでは、おいどんが醤油に使われている中太ストレート麺

image

 こちらも安定の美味しさ

 決定戦会場では、寒風吹きすさぶ中、プラスチック容器の丼ぶりを飲食ブースへ運ぶまでの間にスープが冷めてしまうので、本当の美味しさを味わうには、やはりお店で有田焼の丼ぶりで出されたラーメンをすぐに頂くのが一番

 これだけで、美味しさ3割増しです。

 芳醇な醤油の旨みにトリュフの風味が加わり、何とも言えない最高の味わい

 できることなら、入賞の喜びを分かち合いながらこの一杯を頂きたかったけれど、それは叶わなかった。

 ラーメン王決定戦の今のシステムでは、県民に広く馴染まれている店舗はどうしても不利になります。

 さぼんラーメンを筆頭に、十八番然り、仏跳麺然り、柿の木然り、鹿児島市に出店したマルチョン然り

 そして、このアイアイラーメン然り

 誰でも食べたことのない店のラーメンを食べてみたいと思うのは当然のこと
 それが県民大投票の順位が上位なら、なおさらです。

 でも、1杯700円だと量的にも金額的にも食べ比べることはできずに食べたラーメンがそこそこ美味しければそこに投票してしまう。

 だから、本選の順位が美味しさのランキングという訳ではありません。

 なお、これまでも全国のイベントに出店してきたアイアイラーメンですが、この週末は、東武デパート池袋店の大鹿児島展に出店中でした。

 これからも鹿児島を代表するラーメン店として、鹿児島ラーメンの美味しさを全国に発信してくださることを期待しています。

 なお、「醤油そばトリュフ添え」は、アイアイラーメングループの全店舗で数量を限定することなく提供中
 
 ただし、いつまで提供するかの判断は各店長に任されているようですので、ご確認を!

 因みに東開店は3月一杯提供のようです。お早めにどうぞ!

 Web鹿児島ラーメン総選挙2017 投票受付中です。

ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 

スポンサードリンク

 








  

ありがとう
image