昨年、自動車メーカーのダイハツ工業によって全国の隠れたおもしろいスポットを紹介するというキャンペーンが実施されました。

 そこで紹介された全国のおもしろいスポットの中で、南九州市頴娃町のタツノオトシゴハウスが、「行ってみたい」投票で全国1位に輝きました。

 これは、是非、一度行ってみなきゃと思っていたんですが、先日、ようやく訪問できましたので、早速、報告します。

 
image
 キャンペーンは、ダイハツ工業の「あなたを、日本を、おもしろく」プロジェクト

 全国の販売会社60社が、地元の隠れたおもしろいスポットを動画で紹介するという企画なんですが、鹿児島ダイハツは、「神秘の生物を養殖する館」として、養殖施設の一部を無料開放しているタツノオトシゴハウスを紹介

 こちらがその動画のHP ⏩ 神秘の生物を養殖する館

 ただ、この動画だけ見ても、
  「行ってみたい❗」
 という程の魅力は感じないんだけど、どうなんだろう?

 と、あまり期待せずに現地到着

 タツノオトシゴハウスは、番所鼻自然公園内にあった海を一望できる展望レストランをタツノオトシゴの養殖場として再利用し、無料公開している施設です。

 番所鼻自然公園は、こんなに風光明美

image


 左側の建物が海側から見たタツノオトシゴハウス

image


 この日は大潮で特に潮が引いていたこともありますが、普通の日でも海に突き出た岩伝いにぐるっと歩いて行くことができます。

image


 干潮時には天然のプールになって海水浴を楽しむ人たちも

image


 施設内はさほど広くありませんが、大きな水槽には沢山のタツノオトシゴが

image


 観賞用の水槽がいくつかあって、ナンヨウハギやカクレクマノミもいました。

image


image


 タツノオトシゴ関連のお土産グッズも色々販売されています。 

image


 タツノオトシゴの生体もネット販売されています。
 
 「ゆらゆらと泳ぐタツノオトシゴを見ていると心が癒されます。」

 ネットではそんなクチコミが多いです。

 が、私はどうも大量に泳ぐタツノオトシゴには癒しを感じることはありませんでした。

 種類別に数匹ずつ小さめの水槽で展示するなど、もう少し展示を工夫すれば、もっとタツノオトシゴを優雅な気持ちで楽しめるのになぁと感じちゃいましたがどうでしょう?

 番所鼻自然公園の入り口には、伊勢海老料理で有名な「いせえび荘」もありますし、施設内は日曜日ということもあって沢山の訪問客で賑わっていました。

 まとめてみると、

 タツノオトシゴが好きな方には絶対におすすめのスポット

 それほどでもない方には、開聞岳と海の絶景を合わせてドライブコースにおすすめのスポット

 そんな感じです。  

所在地:鹿児島県南九州市頴娃町別府5202-2
アクセス:指宿スカイライン頴娃ICから約20分
電話番号:0993-38-1883
営業通年
営業時間:開館時間:10:00~16:30
定休日:休館日:火曜(祝日・正月・お盆は営業)

ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 


 



スポンサードリンク