薩摩川内市の川内駅から徒歩で約5分
 ラーメン専門 精養軒を訪問しました。

DSC_0571
 私もブログ記事を書く時には、グルメブログの記事を参考にさせていただくんですが、ブロガーの皆さん本当に詳細な情報をお持ちですよね。

 特にラーメン専門のブロガーの皆さんの情報量には感心させられます。

 そして、毎日のようにラーメンを食べられる胃袋の強さにも感服です。
 毎日ラーメン食べて、体を壊さないかこちらの方が心配になっちゃいます。

 さて、こちらのブログもそんなラーメン専門のブログ
 ボクは鹿児島ラーメンに恋してる

 的確な味のレポートとユニークな画像を巧みに使って楽しませてくれるテクニックは、凄いなぁの一言‼

 この記事の中で、管理人の蓮さんは私と同じように他のブロガーさんの情報の多さに感心されていますが、蓮さんこそ凄い情報量

 今回、紹介する薩摩川内市の精養軒ラーメンさんの裏メニューもこちらで仕入れたネタ

 実は精養軒さんには、以前にも訪問して普通ラーメンを頂いたんですが、蓮さんの記事を読んで、精養軒の裏メニュー「マツオラーメン」をどうしても食べたくなって再訪した次第

 通常メニューはこれだけ

DSC_0575

 まずは普通の「ラーメン」税込600円

DSC_0577

 トンコツのダシに醤油ダレの効いたスープが熱々で出されました。
 味は見た目ほどコッテリせず、あっさりめの豚こつ醤油ラーメン

DSC_0580

 トッピングは、もやしにたっぷりのネギ
 それに大きめのチャーシューが3枚ほど

DSC_0581

 麺はストレートの角麺
 コシのあるもっちりした麺

DSC_0578

 普通のラーメンもこれはこれで美味しかったんですが、もう少しインパクトがあってもいいかなと思っていました。

 そして、いよいよマツオラーメン
 再訪した際に、ちょっと恥ずかしくないか?と思いながら、

 「あの~、ネットで読んだんですがマツオラーメンってできますか?」

 と聞くと、イケメン店員さんがニッコリ笑って、
 「えぇ、できますよ。」と答えて、早速、麺を茹で始めてくれました。

 ほどなくして出されたマツオラーメンがこれ

DSC_0625

 丼の淵に貼り巡らされたチャーシューが圧巻ですが、麺は少なめ

 普通ラーメンに入っていたもやしもありません。

 食べてみると、聞いてはいたけど、これはかなりの味の濃さ
 喉が渇きそう!

DSC_0629


DSC_0627

 麺は硬めに茹でられてます。

 味は濃厚ですが、醤油ダレの旨味が強く出て、私には普通ラーメンより美味しく感じられました。
 料金はこれで、普通ラーメンと同じ600円

 何でも、麺を少なめにして替え玉をした頃に丁度いい塩梅になるんだそうで、もやしが入っていないのも味が薄くならないようにと考えたマツオさんの要望とのこと

 今でもマツオさんは時々、来店されるそうですが、よほど濃い味がお好きなようで・・・
 それにしても、自分好みのオリジナルメニューがあるって羨ましいですね。

DSC_0630

 他人の健康を気にしながら、私はこの濃厚ラーメンのスープもほぼ飲み干してしまいました。
 でも、丼の底にわずかに残ったスープが罪悪感の表れです。
 (流石にこのスープを飲み干すのは体に悪い。)

 精養軒さんは、薩摩川内市でも人気のラーメン店ですが、開店時間が夜7時からとなっていますので要注意



関連ランキング:ラーメン | 川内駅