DSC_2475


 4月14日と16日に熊本地方を襲った平成28年熊本地震は、九州各県に甚大な被害をもたらしました。

 犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに被災地の一日も早い復興をお祈りします。


 さて、この地震の直後が大型連休に重なったこともあり、九州各県では宿泊キャンセルが52万件を超す大きなダメージを受けています。

 このデータは、共同通信が積み上げたものですが、調査結果が非公表の鹿児島県については、主要な観光地を抱える鹿児島、指宿(いぶすき)、霧島各市と屋久島町の回答を合計。福岡県は未調査。熊本県は熊本市と南阿蘇村が集計の対象外となっており、実際の取り消し数はさらに膨らみそうだとのこと。

 鹿児島県では、地震の被害がなかったにもかかわらず、観光客の大幅減少が大きな痛手となっています。


キャンセル数


 >>> 地震影響 GWの九州直撃 宿泊キャンセル52万超す
                出典:東京新聞2016年5月3日 朝刊



 九州では、大分~熊本~鹿児島といったコースで訪問される観光客も多いので、鹿児島県も影響を受けるのは致し方ないところですが、気になるのは鹿児島も相当被害を受けているのではないか、あるいは危ないのではないかといった風評被害です。


 つい、3日ほど前のことですが、我が家のエコキュートにエラーメッセージが出て、サービスセンターに電話したところ


 「地震の影響だと思います。九州地方では給湯器の故障が多発しています。」

 との回答
 
 「いやいや、鹿児島市は最大でも震度3で被害が出るような揺れはありませんでしたから。」と説明しましたが、鹿児島というだけで地震の被害に結び付けられるんだといことを実感しました。

 (ちなみに、その後、エコキュートのエラーメッセージは表示されず、今のところ支障なく使えています。)


  Yahoo!天気・災害の緊急・被害状況によれば、熊本地震の被害状況は5月2日現在で次のとおりです。
  (現在、このページは削除されています。)

 物的被害を書き出してみました。

 
【全壊】
・熊本県:2278軒


 【半壊】
・熊本県:2871軒 ・大分県:3軒 ・宮崎県:1軒


 【一部損壊】
・熊本県:15305軒 ・大分県:958軒 ・福岡県:230軒 ・宮崎県:20軒 ・山口県:3軒 ・長崎県:1軒



熊本地震 被害状況1


熊本地震 被害状況2



 以上のとおりで、鹿児島県では家屋の被害は全く報告されていません。


 だから、鹿児島が今後も安心とは言いきれませんし、早く九州全土が安心して観光できるように復興してもらいたいと切に望んでいます。

 しかし、鹿児島県も被害を受けているはずと思っている皆さんには、


 「そんなことありません。鹿児島県は大丈夫です。」と言いたいのが実感です。


 一度、キャンセルされた皆様も、改めて訪問して頂ければ嬉しいことだと思います。


【サイト内関連記事】
被災地の災害支援に「ふるさと納税」はありがた迷惑?

ブログTOPページへ >>> 鹿児島でおすすめの美味しいお店 

 


スポンサードリンク